定期観測レポート SOCレポート(IIR vol.50 1章)

2021年03月30日 火曜日


【この記事を書いた人】
島上 純一

IIJ 常務取締役 CTO。インターネットに魅かれて、1996年9月にIIJ入社。IIJが主導したアジア域内ネットワークA-BoneやIIJのバックボーンネットワークの設計、構築に従事した後、IIJのネットワークサービスを統括。2015年よりCTOとしてネットワーク、クラウド、セキュリティなど技術全般を統括。2017年4月にテレコムサービス協会MVNO委員会の委員長に就任。

「定期観測レポート SOCレポート(IIR vol.50 1章)」のイメージ

今号の1章「定期観測レポート」は、SOCレポートです。

IIJのSOCでは、自社のサービスを運営することから得られる情報に加え、独自に収集している情報、社外から得られた情報の分析を行っています。2017年からは「wizSafe Security Signal」を通じて、私たちが観測した脅威やセキュリティに関するトピックを発信していますが、本レポートでは2020年のセキュリティインシデントの動向を振り返っています。IIJのSOCが注目したセキュリティインシデントとして、SSL-VPN製品の脆弱性を狙った攻撃、EmotetやIcedIDによる攻撃などを取り上げています。

全文はこちらからご覧いただけます。

関連リンク

島上 純一

2021年03月30日 火曜日

IIJ 常務取締役 CTO。インターネットに魅かれて、1996年9月にIIJ入社。IIJが主導したアジア域内ネットワークA-BoneやIIJのバックボーンネットワークの設計、構築に従事した後、IIJのネットワークサービスを統括。2015年よりCTOとしてネットワーク、クラウド、セキュリティなど技術全般を統括。2017年4月にテレコムサービス協会MVNO委員会の委員長に就任。

Related
関連記事